新・会社法Q&A〜渋谷法令センターのつばめやがお届けしています。

新・会社法Q&A

新会社の設立方法は?有限会社はどうなる?以前からの変更点が知りたい!など、新会社法の疑問をやさしく解説。
Q.募集設立をする場合、定款作成時に発行可能株式総数を定めておかなくてもいいの?
2007.06.22(Fri)
A.はい、定款作成時には定めていなくても大丈夫です。


募集設立とは、出資者を募集して資金を集めて会社を設立する方法です。
順番としては、定款を作成後に株主の募集をするので、実際、定款作成時には、どのくらい資金が集まるかわからないんですよね。


と、いうことで会社法では、募集設立の場合は、定款作成時に「設立に際して出資される財産の価額又はその最低額」だけを記載しておき、

資本金が集まってから、「発行可能株式総数」を定めることができるようにしたわけなんですね。


その場合は、株式会社成立の時までに(設立登記までに)創立総会の決議によって、定款を変更して「発行可能株式総数」を定めるということになります。


もちろん、定款作成時に定められるのならば、それで定めちゃってもOKですけどね。




14:02 | 会社を設立するには? | comments(3) | trackbacks(0) | 新会社法Q&A

<< Q.少数株主ってなんですか? | main | Q.新株予約権ってなぁに? >>
コメント
とても優しいブログ参考にしてますよ
2007.07.24(Tue) 00:35 | ai
aiさん。

お返事が遅くなってしまいましたが、優しいお言葉、ありがとうございます。

頑張りたいと思います。
2007.08.08(Wed) 17:15 |
管理者の承認待ちコメントです。
2008.06.27(Fri) 17:41 | -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaishahou.info/trackback/136
トラックバック
名刺アドバイザー高木芳紀の無料レポート
税理士のダントツ通信
パートナーのサイト
茨城県守谷市岡野隆男司法書士事務所
〜岡野事務所の業務内容〜
*電子定款認証
*債務整理・任意整理・自己破産
著者プロフィール

あこちんの、行政書士試験オベンキョ日記
あこちんのメルマガです。

メルマガ登録・解除
あこちんメルマガ◇憲法あーんど民法
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
最近のトラックバック