新・会社法Q&A〜渋谷法令センターのつばめやがお届けしています。

新・会社法Q&A

新会社の設立方法は?有限会社はどうなる?以前からの変更点が知りたい!など、新会社法の疑問をやさしく解説。
Q.いくつかの許認可が必要な業務内容(許認可の届出先は別のケース)をかかげようと検討しています。
2007.01.29(Mon)
新会社法での会社設立の際、いくつかの許認可が必要な業務内容(許認可の届出先は別のケース)をかかげようと検討しています。
ところが実際のスタート時には、いくつかは業務開始が間にあいません。
この場合、
…蟯召亡屬帽腓錣覆ざ伴錣鮑椶擦襪海箸脇颪靴い任靴腓Δ?
△修譴箸盡緜匹い廼般崖始時点で許認可をとれば大丈夫なものでしょうか?
その際、先に許認可を頂いた業務内容・届出先に新しく違う業務も始める旨の届出等が必要になるでしょうか。
よろしくお願いします。

A.定款の目的には、将来やろうとしている業務内容も記載することができます。

許認可が必要な業務内容も、目的に入れておきます。
そうしないと、許認可が下りませんからね。

順番としては、定款にその新しく始めようとしている業種を、目的欄に入れることが先です。

目的の欄に、その許認可を受けようとしている業務がきちんと記載されていないと、許認可が受けられない場合もありますので注意ししてください。

設立登記は、申請後、何も問題がなければ1週間前後で完了しますが、許認可などは時間がかかる場合もあります。

許認可が必要な業務を、許認可が下りる前に始めてしまうと、その業務ができなくなったり、罰金が科されたりするので注意しましょう。

⇒新会社法対応!株式会社の設立登記書式集 
16:36 | 新・会社法への疑問 | comments(0) | trackbacks(0) | 新会社法Q&A

<< Q.取締役会の決議って書面でもいいの? | main | Q.招集通知を出した所、定款変更の議事が無いとの指摘を受けました。 >>
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaishahou.info/trackback/100
トラックバック
名刺アドバイザー高木芳紀の無料レポート
税理士のダントツ通信
パートナーのサイト
茨城県守谷市岡野隆男司法書士事務所
〜岡野事務所の業務内容〜
*電子定款認証
*債務整理・任意整理・自己破産
著者プロフィール

あこちんの、行政書士試験オベンキョ日記
あこちんのメルマガです。

メルマガ登録・解除
あこちんメルマガ◇憲法あーんど民法
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
最近のトラックバック